詐欺対策・対処

~詐欺に合わない/合ってしまった場合の対処~

1.詐欺に合わない為にに出来る事
販売物の先渡しは絶対にしない。
後述、身分証を提示、固定電話確認が出来、安全が確認できる場合
この限りではありません。
固定電話番号を聞く、詳しくは下記2を必読の事。
(携帯電話番号はプリペイド携帯がありますので、身元確認になりません)

個人情報の確認を取る事の出来ない販売者とは取引を行わない。
不審な人物とは連絡を取らない、取らせない。
不審な人物には個人情報を教えない。
言い訳を繰り返す等、少しでも不審な点があれば、取引を行わない。
銀行振込時の明細をとっておく。
取引に関するメールのやりとりのデータを保存しておく(ヘッダー含む)

2.確実な身元確認の方法
固定電話番号と104を利用して、ほぼ間違いなく本人の確認をすることが出来ます。
※免許証のコピーはネットで拾える為参考程度に留めましょう。

事前に取引相手の住所と固定電話番号を教えてもらう。
104(電話番号案内サービス)にて、その住所と名前で登録されている電話番号を調べる。
104で得られた電話番号が、取引相手の電話番号と一致するか確認する。
一致した時点で取引相手に電話をかけ、その電話の本人かどうかを確認する。
万全を期すなら、電話をかけた際に、取引をするキャラ名とメールアドレスを確認し、
なりすまし詐欺を防止する。

3.詐欺に合ってしまった後の対処
起きた被害が詐欺であるのか民事上の契約不履行なのかの判断をしなければなりません。
そのために返金を求める電子内容証明を作成し期日を設けた上で取引相手に送りましょう。
同時にインターネットハイテク犯罪総合センター
相談メールを送っておけば後の被害届けを出す際、話がスムーズに進みます。
期日内に返金がない、または住所不定により内容証明書が戻ってきてしまった場合は
詐欺と判断し、最寄の警察に被害届を出すようにして下さい。

被害届を出す際に必要な情報は次のものです。

・内容証明書の控え
・振込み明細の控え
・メール等のやり取りのログ
・売買内容が分かるような物(詐欺にあった記事のSS等)

当サイト管理側で抑えられる情報や対応もありますので詐欺報告よりご連絡下さい。